交通事故は恐いものでケガをしたり、一生涯車イス生活や寝たきりになるような後遺障害を負ったり、酷いケースでは死亡することもあります。
こうした場合は加害者に対して損害賠償や慰謝料を請求できます。
相手の車が自賠責保険にしか加入していないと、死亡で3000万円、後遺障害で最大4000万円、ケガで最大120万円に限定されてしまいますが、自動車保険に入っている場合には、保険会社から保険金を受け取ることができるでしょう。
もっとも、相手が自動車保険に入っているからと安心してはいけません。
保険会社は独自の賠償基準を持っており、必ずしも被害者有利に賠償してくれるとは限らないからです。
場合によっては実際の損害や精神的なダメージに見合わない金額しか、支払われないことも少なくありません。
仮に相手を裁判に訴えた場合に裁判所が認定する額と、何倍もの開きが生じることもあるのです。
とはいえ裁判に訴えて時間をかけるのはと躊躇される人がほとんどでしょう。
そこで、弁護士に交渉を依頼するのがおすすめです。
弁護士は裁判所の認定基準をもって交渉にあたるので、被害者に有利な金額を勝ち取ることができるでしょう。
交通事故損害賠償の仕組み | 弁護士による交通事故相談 後遺障害・慰謝料問題|丸の内ソレイユ法律事務所