視界に白い靄がかかっているような状態になるのが白内障の症状です。
人により進行のスピードは違ってきますが、基本的に白内障になってしまうと元の状態に戻るという完治はありません。
初期の段階の治療法は目薬などを使用しますが、これは進行を送らすことが目的になります。
目薬を使用した治療を行っても徐々に進行してしまうのです。
現在の白内障の治療では最終的には手術をすることが進められます。
濁ってしまった水晶体に変わって人工のレンズを目に入れるのです。
人の目というのは遠近の切り替えを自動でおこなって焦点を合わせてくれますが、人工レンズになると決まった距離の視点しか会わなくなります。
ただ白く靄がかかってしまった視界から比べるとすっきりと再び見えるようになりますし、メガネなどで補強すれば日常生活ではまったく違和感なく生活することができるでしょう。
それまでは人工レンズのピントを近距離に合わせるか遠距離に合わせるかしなければなりませんでしたが、近年では遠近両用めがねのようにいくつかのピントがある位置がある多重焦点レンズも登場しています。
手術では健康保険も適応されますので、高額医療費控除などを利用することも可能です。

こちらをクリック