EPAとはエイコサペンタエン酸の略称で脂肪酸の一種です。
中性脂肪や悪玉菌の現象を促す働きがあります。
閉塞性動脈硬化症、高脂血症の医療用医薬品の原材料としても使用されます。
EPAは魚に含まれていますが、母乳にも含まれます。
魚に含まれる脂肪酸と言えば代表的な物としてDHA(ドコサヘキサエン酸)が挙げられます。
このDHAにも健康増進効果があるとされ、EPAとDHAの両方を配合したサプリメントも出回っています。
EPAもDHAも健康増進や血液の質の保持に大切な脂肪酸ですが、実際に毎日摂取しようとしてもなかなか難しいものです。
また、魚が苦手な人の場合だと、必然的によく魚を食べる人よりも摂取量は少なくなります。
確実に摂取するためには魚嫌いの人にとってはサプリメントが必須となりますし、魚が嫌いでは無い人でも魚の摂取と並行してサプリメントを摂取する事が望ましいと思われます。http://epa-sarasara.jp/