好況とはいえないまでもまだ大都市圏にはさまざまな仕事があリまして、それゆえ人口流入は関西においてはこれからも大阪などの大都市圏に集中すると思います。
そして、流入してくる人口は働き手ともなりますから、彼らの雇用の受け皿として企業が貸店舗を大阪で借りるという事例も多くなっているそうです。
最近立てられたばかりの商業施設で有望なのは、さまざまな非常用発電装置を備えた、オール電化タイプの複合商業施設でして貸店舗物件がまだまだあるそうです。
その素晴らしさは、場所的にも繁華街に近いし駅にも近いという最適な立地条件でして、マンションなども近くにあって一定の需要も見込めるから、大阪にある貸店舗物件としては、かなり素晴らしい好条件なのです。