不動産投資は、お金持ちの人がするもの、といったイメージがありますよね。
確かに、それも事実ではあると思いますが、最近では、アパート投資をする人も多く、「サラリーマン大家さん」などと言われる人も増えてきています。
これは、どういった人かというと、普通にサラリーマンなどのお仕事をしながら、投資として、アパートなどを買い、賃貸経営をしている人たちのことです。
ものすごくお金持ちでしたら、サラリーマンをする必要がないかもしれませんが、堅実にサラリーマンで勤務をしながらも、なぜこのように、大家さんとしても賃貸経営をするのでしょうか。
今の時代は、このように、一つの職業を持つだけではなく、リスクヘッジとして、「もしも」の時に困らないように、と考えている人が増えているようです。